がんステージ3から復活した食生活

ステージ3の大腸がんと診断されてから10年ほど経ちます。まだまだ油断は出来ないのですが、ここまでくれば完治したと考えて良いと思います。私の場合、手術が出来なかったので抗癌剤治療を行いました。この抗癌剤治療がとにかく辛くて辛くて。副作用の中でも一番怖かったのは吐き気です。何とも言えないあの苦しみは二度と味わいたくないと思っています。

そして、抗癌剤治療の副作用を減らすためにという理由で民間療法を始めました。癌の民間療法については賛否両論あるのですが、私のように副作用の軽減目的で始める方も多いかと思います。その中でも基本となったのが食生活です。癌の専門的な病院に入院していましたので大部屋にいると他の患者さんと仲良くなるわけです。すると、外泊する度に豪華な食事を食べたりしている人は副作用が辛く出ている方が多く感じました。

そこで出来る限り有機栽培の野菜と玄米を食べるようにして、白いお砂糖や牛乳はやめました。特に癌に良いと聞いたので生姜やにんにくはたっぷり入れるようにして。飲み物はジューサーで絞ったにんじんジュースを。すると段々と副作用が軽減されていったんです。それで続けていったところ、抗癌剤もしっかり効いてくれて無事治すことが出来ました。

⇒抗がん剤との併用で副作用が軽減!>>フコイダンサプリを含有量で比較

サブコンテンツ

このページの先頭へ